2014年8月7日木曜日

TapCal 2 をリリースしました


本日、Mobile and Design社として開発協力しましたiOSカレンダーアプリ「TapCal 2 for iPhone and iPad」がリリースされました。TapCal 2よりiPhone/iPadの両デバイスに対応したユニバーサルアプリとして生まれ変わりました。





実は前バージョンのTapCalは私が2010年に開発したアプリで、そのご縁があり今回新バージョンのTapCal 2の開発をMobile and Designで担当させていただきました。


TapCalがリリースされたのは、iOS3の時代でまだiOSにEventKitが搭載されていなかったので、Googleと同期をするカレンダーは独自にGoogle Calendar APIを実装する必要がありました。


その後、iOS4でEventKitが搭載されiOSがGoogleとの同期をサポートしてからはEventKit方式が主流に移って行きましたが、ユーザーが任意のタイミングでGoogleとの同期が出来る直接同期の方式は、未だに強いニーズがあります。


今回、UIのインタラクションのデザインとプログラムをJacminikさん、初期UIのコンセプトデザインを日本初のDribbblerで有名なUIデザイナーのNobtakaさん、メインプログラムが私というチームを組んでデザインから開発までを担当させていただきました。


インタラクションとは、画面のトランジション(画面遷移)や画面に触れた時の「触り心地」に当たる部分で、アプリとしてのキャラクターを表す重要な部分だと考えています。この部分をアニメーションのスペシャリストであるJacminikさんに専任で担当していただいたので、非常に面白いUIに仕上がったと思っています。


同時に製作したプロモーションビデオでも、TapCal 2のインタラクションに触れているので、是非ご覧ください。こちらもJacminikさんに製作していただき、素晴らしい仕上がりになったムービーです。





TapCal 2は8月21日までリリース記念のセール価格¥400でご提供中なので、この機会にぜひご利用下さい!